正社員として働くメリット

工場の仕事は正社員や派遣社員、アルバイトなど色々な雇用形態がありますが、正社員として働くメリットは将来性でしょう。正社員と派遣社員では仕事内容に大きな違いはありませんが、正社員として働くと、工場長など管理職に就くチャンスもあります。また、他の業種ではなく工場の正社員として働くメリットとしては、仕事とプライベートが区別しやすいことがあげられます。一般的な会社員は残業があるのが当たり前という勤務状況ですが、工場は稼働時間が決まっているためほとんど残業はありません。何らかのトラブルで納期に間に合いそうにない場合は残業や休日出勤もありますが、一般的な企業と比較するとプライベートの時間を確保しやすいのがメリットです。

正社員として働くデメリット

工場の正社員として働くデメリットは、一般的な企業よりも給与が低いことがあげられます。大企業の工場の場合は比較的高給ではありますが、中小企業の工場の場合は平均年収を下回るのが一般的です。また、正社員として働く場合、アルバイトや派遣社員よりも責任が重くなるため、気楽に働きたい人にとってはプレッシャーとなることもあります。アルバイトから正社員になった場合は、人とコミュニケーションを取ることも増え、ストレスを感じることもあるでしょう。また、工場で正社員として働いたキャリアは、一般的な企業で活かしにくいのもデメリットです。工場での正社員の経歴は、他業種への転職において大きな強みにならないことが多いようです。

求人が少ないといった理由で地元を離れて職探しをする人も多いですが、効率よく稼ぐなら寮の求人を探した方が良いかもしれません。家賃代を抑えられるので、給料を多く手元に残せます。