ライン工程の種類と作業内容

多種多様な職種のある工場の仕事ですが、そのうちの1つがライン作業。大量生産に適したライン生産方式は効率が良いため、多くの分野で取り入れられています。扱う製品が豊富なので、応募を検討する人は、自分に合った現場を見つけるようにしましょう。 最も有名なライン作業というと、自動車工場かもしれません。各々の作業員が特定の工程のみに取り組むという方式を採用することによって、特殊な技術を身につける必要がなくなりました。金属を溶かす作業やボルト締めなどが代表的な作業内容です。また、食品工場や家電製品工場でも採用されています。肉のカットや盛り付け、部品の組み立てなどが行われ、各自が黙々と1つの作業を繰り返すのが一般的です。

ライン作業に向いている人

取り扱う製品の種類が多いため、誰でも自分に合った仕事を見つけやすいといえます。特に関与したい分野が見つからなければ、アレルギーがあるから食品関係は除外するといった考え方でも良いでしょう。未経験者でもネックになることは少なく、比較的採用されやすいのも特徴です。仕事内容によっては資格や経験を求められる分野もありますが、やる気があれば働きながら資格を取得できるというところもあります。 ただ、どの製品を扱うにしても、ライン作業に共通して言えるのは黙々作業です。飽きっぽい人や、1つのことに集中するのが苦手な人には向いていないかもしれません。それ以外の人にとっては、苦痛に感じることは少ないでしょう。これまで人間関係で苦労したきた人も、人と接することが少ない現場に喜びを感じることがあるかもしれません。

寮費無料の求人広告は仕事と住処の両方が得られるメリットがありますが、必ずしも寮費が完全に無料とは限りません。入居は無料でも寝具や家電製品はレンタル料を徴収するなどのケースがあるので確認は必須です。