工場の派遣社員の特徴

工場での働き方として派遣社員があります。派遣会社と雇用関係になり、工場からの派遣依頼を受けて派遣会社の社員として現場で働くのが特徴です。工場の運営企業とは直接の雇用関係はありません。派遣会社と派遣先との契約によって工場での仕事が厳密に決まるのが特徴です。工場で担当する業務の範囲や、働く時間などがきっちりと決められるのが一般的です。工場で働くときに残業の多さが問題になりがちですが、工場側が派遣社員に残業をさせるには派遣会社の許可が必要になります。残業を一切したくない場合には派遣会社を通じて完全に断ることが可能です。ワークライフバランスを整えやすい工場での働き方として派遣社員がよく注目されています。

派遣社員で働くメリットとデメリット

派遣社員として工場で働くのは残業を断ってプライベート重視のワークライフバランスにできることだけがメリットではありません。派遣社員はアルバイトに比べると時給が高いのが一般的です。また、期間限定の派遣になるため、数か月くらいで他の工場に移って仕事をすることができます。ただ、同じ職場でずっと働き続けることはできないのがデメリットです。また、福利厚生については派遣会社のものを受けることになり、派遣先の工場の福利厚生は受けられないのが原則です。工場では皆勤手当などの手当が手厚いことが多いため、時給が高くても実は正社員になった方が稼げる場合もあります。メリットを裏返すとデメリットになることが多いので、派遣社員になるときには注意しましょう。