工場でのピッキング作業の内容

ピッキングとは伝票や指示書に従って、保管されている場所から決められた製品を選んでいくという作業の事です。主に物流企業の倉庫で行われていますが、製造業等の工場でも行われています。
工場では、作業工程に必要な部品等を保管されている棚から探し出して所定の場所へと運んだり、現在作業している工程から次の工程へと部品を運んだりします。

また出来上がった製品を保管する為に倉庫へ運んだり、出荷時には倉庫から出荷場所まで運んだりするのも重要な仕事です。このように作業内容は、物流企業の倉庫で行われているものとほとんど変わりはありません。
しかし工場では物流倉庫での作業のように、手元の機械でバーコードを写し取って行うような管理をしていない所も多いです。その為目視による作業を行っている所も少なくありません。

ピッキングにはシングルピッキングとトータルピッキングがある

一言でピッキングと言っても、シングルピッキングとトータルピッキングがあり、工場によってピッキングの仕方は違います。シングルピッキングは1件の受注ごとに指示書を見ながら、製品の保管場所へ行き、指定されたものだけ選び出して指定された場所へ置くという作業です。作業も基本的には1人で行います。重たいものや、沢山指定されたものがある場合は、台車やカートを使う事もあります。

一方トータルピッキングは、複数の配送先へ送る製品を選び出し、集めたものを指示書に従って必要な分だけ分類するという作業です。担当エリアは決まっているので、色々と工場内を歩き回る事はあまりありません。
トータルピッキングは複数のチームにより行われる事がほとんどです。その為チームのコミュニケーションは大事です。チーム内でお互い報告や確認作業をこまめに行い、分からない事は他のメンバーに聞く等して作業を進めていきます。