従業員を管理するのが最大の仕事

ライン管理者とはラインマネージャーのことで、職場の管理をまかされています。主な仕事内容は従業員のマネジメントの管理であり、仕事の進捗状況を把握しつつ、迅速に業務が進むように工夫します。ライン管理者は現場経験者が望ましく、それは従業員の立場を把握できるからです。現場経験がなければ従業員のことを、客観的立場から見ることができません。

トラブル発生時の迅速な対処もライン管理者の役割です。工場の仕事はミスが起こることが少なくなく、例えば仕様が異なる制作物が出来上がってしまうことがあります。こうしたトラブルは事前確認を徹底すれば防げる可能性が大きいです。ライン管理者は工場全体の作業の進捗状況を見渡し、トラブルを未然に防ぐ能力が求められます。

従業員の能力を見極めて仕事を提案する

ライン管理者は従業員のお手本となる存在でなくてはいけません。ライン管理者は意思決定権を有しているため、なかには仕事をせずにサボってしまう人もいます。権限があるからこそ甘えが生じやすい側面があるため、常に従業員から見られていることを意識し、気を引き締めて仕事に臨みましょう。権限を持っているということは、裏を返せば責任がより重大であることを意味します。

従業員の能力を引き出し、それぞれの業務における適任者を選出するのもライン管理者の仕事です。従業員には得手不得手があるため、それを見極めたうえで一人ひとりに最適な仕事を選んでいく必要があります。ライン管理者が有能であるかどうかで、職場全体の作業効率は大きく変わってきます。